ハンドメイドアクセサリーの Les feuilles*  

blog 活動情報 自己紹介 ガラス制作 Instagram
web shop 特商法表示 ご注文方法 ご注意・手入れ 金具交換
プレゼント リンク メール メルマガ トップページ



* * ・・・  ガラスづくりについて  ・・・ * *

ガラス工芸の一種であるグラスフュージング
という技法でガラスを作っています。

フュージングとは簡単に言うと
様々な色の板・棒・粉状の工芸用ガラスを
切ったり磨いたり模様をつけたりして組み合わせ
それを電気炉に入れて溶かし合わせる技法です。
電気炉に入れている間にガラスを触ることは
あまりありません。

ガラスは冷ます時間が長かったり
デザインによって複数回焼いたり
他にも穴開けや穴つめ、
焼成前のクリーニング等々
何かと手間や時間がかかりますが
とても楽しい世界です。

カットの形、模様、溶け具合を
完全に同じに作るのは難しいところがあります。
少しずつ違う物の中から
お気に入りの一点を選んでいただければ幸いです。

こんな材料や道具です

無地の色板を使うことが多いですが右の方にあるマーブル模様の板も時々使います。
ガラスは全てアメリカのブルズアイ社のものを使用しています。


カットしているところ

うっかり手を切らないように要注意。
直線は簡単で、カーブするほど、ガラスの厚みが増えるほど難しい。




溶かす直前の様子

角が尖っています。
穴にも詰め物。


高温の時は真っ赤です

750〜800度で溶かし、溶かし終わったらゆっくりと冷ましていきます。 常温になるまでに一定温度でキープしたりしながら時間をかけて。


焼きあがり

いつも扉を開ける時はドキドキわくわく♪
物によってはこんな風に2段重ねで焼くことも。 上段はクリアガラスに水玉模様をつけたところ。これをカットしてまた焼きます。 下の粒々は次の焼成で水玉模様やお花にします。


こんな風になります










時にはこんな物も

出展時にディスプレイに使う小皿なども作っています。
ショップカード入れは特にお気に入り。






Copyright(c) les-feuilles All rights reserved.